FC2ブログ
『© CAPCOM CO., LTD. 2007, 2009 ALL RIGHTS RESERVED.』
DAIANのモンスターハンター迷い旅♪
MHP2nd Gのプレイ日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドンドルマより便りにて帰還する
ワシのもとに、一通の封書が届いた・・・。
そう、ドンドルマの元締めこと、頭のデカイあの大長老よりである。

「ムッホン、旅の翁DAIANよ、元気にしておるか??さて、この度貴殿には火急の用件にて、ドンドルマに戻ってきてもらいたい!!詳細は、大老殿にて・・・」

ワシは、とり急ぎ旅の支度にかかった。
「ニャ、旦那どこに行くニャ??」
声の主はポッケ村でワシが最初に雇い入れたオトモアイルータマである。
「ふむ、大老殿より手紙が届いてな・・・・いかねばならんようじゃ・・・」
「ダメだニャ!!おいらたちさみしいニャ!!」
「ふむ、分かってくれ」
「オイラたちアイルーは、旦那の帰りを待ってるニャよ・・・・必ず、必ず戻ってくるニャ!!」
「ああ・・・約束しよう!!」
ハンターという稼業に、【戻る】という約束は厳禁である。
そう、命を懸けてモンスターと対峙する彼らには、そういった約束は本来ならばしてはいけない暗黙のルールのようなものなのである。
この翁とて、例外ではない・・・。

DAIANは住み慣れた、ポッケ村の我が家を振り返る。
(想えば、ティガレックスに谷ぞこにつき落とされ、ここへ連れて来られたのは、ほんの数日前のような気がする・・・・)
「元気で暮らせよぉぉ~!!」
「旦那ァァ~~約束まもるニャーーーーー絶対ニャ、絶対帰ってくるニャーーー」
「おぉ~必ずワシはポッケ村に戻ってくるわい。また一緒に冒険しようのぉぉ~~」

(旅の空はやはりいいのぉぉ~~)
後ろ髪引かれる想いを断ち切り、DAIANは再びドンドルマへと足をむける。

DAIANの物語
ドンドルマ異変の巻

暗がりの大老殿に鎮座する、奇妙に頭のデカイその人こそ、大老殿の長、大長老その人である。
「ムッホン、DAIAN久しいの!!実は貴殿に頼みごとがあってな・・・・」

ゴゴゴゴゴッ・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「大臣何事じゃ??」
「あぁ~何者か分かりませぬが、街に攻めてきたようですじゃ、大長老様どうしましょ(あたふた)」
大長老がフテキな笑みを浮かべる。
DAIANは嫌な予感がした・・・。そう、大長老がフテキに笑うとき、必ずDAIANの身に良くないことがふりかかるのである。
「ムッホン、DAIANそなたに話をする前に、ワシから命令じゃ!!まずは、ここに攻めてきた者の正体を確認してまいれ!!」
そう言うと、大長老はさがれと言わんばかりに、手を振り払った。
「ははぁ~その任務しかとお受けいたしまする。(このジジイめが、まったく人使いが荒いわい!!)」

DAIANはなにゆえドンドルマに戻されたのか・・・。そして、ドンドルマに攻めてきた謎の者の正体とは??

この続きは、またの機会に・・・・。







スポンサーサイト

テーマ:モンスターハンターフロンティア - ジャンル:オンラインゲーム

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://telteltelusu.blog32.fc2.com/tb.php/292-0be45401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

DAIAN

Author:DAIAN
MHP2nd Gをプレイしている旅の翁DAIANです。
4年前にPSPと共にソフトを購入しつつ、放置したりプレイしたりで未だにのほほんプレイヤーです。

面白おかしく、時に悔しがりつつ絶賛素材集め中なのです♪



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



最近のトラックバック



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



バナー



ブログペット



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。